• ホーム
  • 生活習慣病の脂肪肝を改善する方法

生活習慣病の脂肪肝を改善する方法

脂肪肝とは食べ過ぎや運動不足により、余った糖質や脂質が中性脂肪に変わり、肝臓に過剰に溜まってしまった状態です。
脂肪が肝臓全体の30%以上を占めるようになった状態を指しますが、肥満体型ではない人でもこの病気の可能性があります。
また、2~3kg体重が増えただけで肝臓に脂肪が溜まってしまうこともあるので注意しましょう。

肝臓は再生能力や代謝能力が高く、ちょっとダメージを受けた程度ならそのまま機能を維持することができます。
脂肪肝になっても痛みなどの症状が出てしまうことは少ないですし、肝臓に異常があっても気付きにくいとされています。
そして、気付いた時にはかなり症状が進んでいることもあります。

脂肪肝があると狭心症や心筋梗塞などのリスクが高まりますし、全身でインスリンが効きにくくなるインスリン抵抗性も進行しやすくなると言われています。
インスリンには血糖値を低下させるという作用がありますが、インスリンが作用する臓器に脂肪が蓄積するとインスリン抵抗性が生じてしまいます。
結果といて高血糖や高インスリン血症のリスクが高まってしまうということです。
また、脂肪肝が悪化すると肥満体質になりやすくなると言われています。

脂肪肝は生活習慣病の一つであり、普段の生活習慣を見直すことがポイントです。
規則正しい生活を送ることにより、肝臓に蓄積された脂肪を少しずつ減らすことができるでしょう。
バランスの良い食事を心がけることはもちろん、適度な運動を行うことも大切です。

脂肪肝の大きな原因としてアルコールが挙げられます。
普段からお酒をよく飲むという人はリスクが高まるので注意しましょう。
体の中に入ったアルコールは肝臓で解毒され、体外へ排出されることになります。
しかし、解毒の過程で肝臓の働きに異常が生じることにより、肝臓に脂肪が溜まってしまうことがあります。

そこで脂肪肝のリスクを低下させたいという場合、過剰な飲酒を抑制するようにしましょう。
なかなかやめられないという人もいるかもしれませんが、少しずつ量を調整することがポイントです。
適量を体に覚えさせることにより、肝臓の数値を改善することができるでしょう。

脂肪肝を克服するには食習慣と運動習慣を変える

脂肪肝は基本的に薬での治療は必要ないとされています。
また、データもあまり多くありませんし、薬による治療でどの程度の効果があるのかは分かっていません。
この病気は生活習慣が原因とされているため、薬を使ってもすぐに治せるわけではないと知っておきましょう。

具体的な対策としては食習慣と運動習慣を変えるということが挙げられます。
食事の量をこれまでの25~30%程度減らし、軽い運動を行うようにするのがおすすめです。
生活習慣を改善してもすぐに改善しないかもしれませんが、2週間程度で少しずつ効果が出てくるでしょう。
さらに2ヶ月程度続けることにより、肝臓の状態が良くなると言われています。
さらに、アルコールの摂取量を減らすこともポイントです。

成人が1日に必要とする摂取カロリーは1600カロリー程度とされており、食べ過ぎないように注意が必要です。
また、健康のためには食事のカロリーを気にするだけでなく、栄養バランスをきちんと考えることも重要です。

バランスのよい食事を摂ることで症状が改善されると言われています。
しかし、脂肪肝がかなり進行している場合、糖質と脂質の摂取を控えることがポイントです。
そして、たんぱく質やビタミン、ミネラルなどを十分に摂取しましょう。

肝臓に溜まった中性脂肪は運動によって減らすこともできます。
体重を3%程度減らすだけでも肝脂肪を大幅に改善できるとされており、5~7%程度の減量によって肝臓の炎症を抑える効果も期待できます。
カロリーを消費できる運動ならなんでも良いということですが、長時間行うことのできる有酸素運動がおすすめです。
ウオーキングやジョギング、水泳などの運動を毎日30分以上行いましょう。

関連記事