• ホーム
  • アルコールを摂りすぎることでも痛風になる

アルコールを摂りすぎることでも痛風になる

風が吹いても痛いと表現される痛風は、とても厄介で大変な症状です。
そもそも痛風になってしまう原因は、体内の尿酸値が基準値を越えて、身体の中に蓄積されてしまった尿酸が結晶となってしまうことにあります。
そしてその尿酸値が高くなってしまう存在であるのが「プリン体」です。

ビールはプリン体の代名詞のようなイメージがありますが、実は他の食べ物や飲み物と比べて多いのは事実ではあるものの、ビール自体が特別プリン体が多いというわけではありません。
むしろ、フグやたらの白子、あん肝、レバーなどの方が格段に多く含んでいます。
しかし、ビールやアルコールを摂取すると痛風に繋がるのは間違いではないのです。

というのも実はプリン体を含んでいるものを摂取しなくても、その多くは体内で勝手に作られてしまうのです。
「プリン体0」という風に表記されたビールなどが流行っています。
あれは事実であり、確かにプリン体は0なのです。
ところが、例えプリン体が0でもアルコールが身体の中に入ると、それを元に体内でプリン体を生成してしまうのです。
つまり、飲む前は0でも、結局身体の中で作られてしまうということです。

そしてビールやアルコール類を好き好んで飲む人というのは、少量で終わることはありません。
たくさんの量を飲むことになりますし、またたくさんの食べ物を摂取することになります。
アルコールというのは、そのように過剰に摂取してしまうようなものであり、またプリン体を多く含んでいるものです。
そして体内で勝手に生成される材料になってしまうので、アルコールの摂りすぎはやはり良くないというわけです。

体内に溜まった尿酸を外に出すのには、排出行為が1番良いです。
汗では尿酸は排出されません。
日頃からよく水分を取り、しっかり尿として排出していれば痛風を発症する可能性が飛躍的に低くなります。
日常生活でできる手段として、食べるものや量に気をつけることと、アルコール以外の水分をきちんと取り、尿酸を適切に外へ出すことが求められます。

痛風は主に食習慣が関係する生活習慣病

以前には、痛風というのは「贅沢病」などと言われていた時期がありました。
痛風の原因であるプリン体が含まれているのは、内臓系やお肉、一部の魚介類、アルコールなどの飲料が多いです。
これらは今でこそ一般庶民でも食べることができますが、昔はそうではありませんでした。

食べることに困っていた時代は、このような食べ物を食することが出来るのは上流階級のような裕福な人たちばかりだったのです。
その為、「良い物ばかりを食べているから痛風になる」というようなロジックになったのです。
しかし、現代の人たちは、食べ物に恵まれた時代に生きている為、一般庶民であっても安価に何でも自由に食べ物を選択することができます。
それが、痛風が生活習慣病だと言われるようになった要因とも言えます。

痛風の症状というのは個人差はあるものの、足などの関節部位に現れることが多いです。
1番多いのは親指の付け根あたりに起きる発作であり、外見的にも赤く腫れ上がったようになり激痛が走ります。
これは尿酸の結晶が身体の下に流れていくためであり、そのため手などではなく足や親指の付け根あたりが痛む人が多いのです。

痛風自体の症状や発作は立ち上がることもできないような激痛ですが、命に関わるというようなものでは全くありません。
身体が高尿酸血症になっているから起こっているので、安静にしていれば次第に痛みはひいていきます。
病院では高尿酸血症に効果のある薬などを処方してもらえますので、ひどい症状の場合はやはり病院で先生に治療方法を相談するのが良いと思われます。

現代人の食習慣が変わってきているように、少し変化が見えることがあります。
それは痛風は基本的に身体のメカニズム上、女性より男性の方が圧倒的に多いのです。
しかし女性も社会進出するようになって、一般社会人男性のような食習慣をおくる人が増えています。
その為、女性でも痛風を発症する人というのが昨今増えてきているのです。

関連記事